ロゴマークについて

第21期関西NGO大学(2007年度)を開講するにあたり、関西NGO大学のロゴマークをつくりました。

市民を巻き込んで一緒に考え、進むべき道を指し示そうという

ことを表したもの。

講師からの一方通行ではなく、講師も参加者も一緒に学ぼうと

いう関西NGO大学のやり方を表現したものでもある。

大学という名前がつくものの堅苦しい学びの場ではないので、

あえてひらがなで「だいがく」とした。

ブルーはさわやかな青空のような社会になることを願って。

Gの文字が回転した矢印に見えたのと、単なる渦巻き好きから

出て来たデザインです。

夜の交流会で飲み過ぎて目が回ってることを表現したわけでは

ありません。念のため。

Design Hiroshi Miura

コメントは受け付けていません。