22期

■第22期テーマ 

世界につながる私の足元

 地球の上には多くの課題があります。
それは、遠いところだけでなく、私たちの近くにもあります。
そして、その原因は私たちをとりまく様々なつながり、
しくみによっておきています。
解決のために、知り、考え、行動をはじめましょう。
そのきっかけの場がここにあります。
 

講座内容

日程 内       容
第1回 2008/

9/20(土)~21(日) 

 

 さぁはじめよう!国際協力~国際協力・NGO入門~ 

 発題者: 秦辰也さんシャンティ国際ボランティア会理事、近畿大学教授)
       野田沙良さん(アクセスー共生社会をめざす地球市民の会)
       水野順子さん(アムネスティ・インターナショナル日本大阪事務所)

国際協力と聞いて何を思い浮かべますか?
国連?ODA?ボランティア?NGO?青年海外協力隊?
国際協力へのかかわり方を、最前線で活躍する人たちと一緒に考えます。

 

第2回 2008/ 

 
10/25(土)~26(日)

 

 気がつけばみんな“下流”?~格差の構造を読み解く~ 発題者: 栗原康さんATTACJapan(首都圏)G8サミットを問う連絡会

 ふつうに働いているのに充分な生活費を得られない人がいる日本。
貧困層がイラクに派兵されるアメリカ。
これらのことはつながっているのかも知れません。
私たちのくらしの背後にある構造を読み解いていきましょう。

 

第3回
 

2008/
 
 11/15(土)~16(日) 

 

 見えていますか?あなたのとなりの外国人~「多文化共生」を考える 

 発題者: 田中宏さん(龍谷大学教授)
      朴洋幸さんトッカビ子ども会副代表理事)

 きょうあなたは何人の外国人と関わったのでしょうか?
現在、日本に住む60人に1人以上は外国籍の人です。
あらたな隣人と今後どのような社会をつくっていけばよいのか、
在住外国人の生の声を聞きながらともに考えます。 

  

第4回 2008/

 12/13(土)~14(日) 

 

 食からたどる地球環境~越境する食べ物がもたらすもの~ 

 発題者: 大野和興さん(農業ジャーナリスト)
      松平尚也さんアジア農民交流センター世話人、AMネット代表理事)

 40%を下回る日本の食糧自給率。食べ物の越境は、
人びとのくらしや環境にどのような影響をもたらすのでしょうか。
身近な食を通して世界にまなざしを向け、
日本の農業や私たちのくらしを見直す機会とします。
 

 

第5回 2009/

 1/17(土)~18(日)

 世界を変える多様なとりくみ~ユニークな実践に学ぶ~

 発題者: 松本哉さん「素人の乱」5号店店主)、
     岩田康子さんブルーベイリーフィールズ紀伊國屋)、
     
赤澤福彦さん・見島英之さんカフェスロー大阪

 なにかしたい! そんな想いはあふれてる。
私にこそできる何かはきっとあるはず。
様々な立場でのオルタナティブなとりくみをヒントに、
社会を変えうる私の可能性を探ります。
 

 

第6回2009/ 

2/21(土)~22(日)
あなたの学びを行動へ~アクションプラン発表~   発題者: 参加者グループ
ゲスト  : 関西NGO大学修了生、関西NGO協議会加盟団体
 

NGO大学で気づいたこと、学んだことは、きっとあなたの力になっているはず。
世界を動かすのは、わたしたち一人ひとりです。よりよい社会をつくっていくために、”力”を発揮していきましょう。

 

 

コメントは受け付けていません。